コンテンツは洗車機

大注目!お役立ち工事用品情報サイトの決定版!

工具箱に入れておくことにより何かと便利な工具&小物としましては、「カッターナイフ」「ビニールテープ」「スケール(巻尺)」「マジックペン」などがあります。

 

また自分が気づいた小物を入れておけば自分の使いやすい工具箱が完成します。
現在販売されている工具箱ですが色々な種類のものがあります。管理人の考えとしましてはやや大きめのプラスチック製の物がお勧めです。

 

あまりにも大きすぎたり金属製のものは車に積めなかったりしてしまいます。また積めたとしても積む時に傷をつけたりしてしまうからです。
なので工具箱は小さめのタイプでプラスチック製を選ぶようにしましょう。
もちろん工事の現場で働く人やメンテナンスを仕事としている人に関しましてはその限りではありません。


 

車のバッテリーメンテナンスの中でも電解液の管理は基本中の基本と言ってもいいでしょう。
現在主流になりつつあるメンテナンスフリーにつきましては必要ありませんが、電解液の液面が下がった状態で使用を続けてしまうと、やがて極板が露出してしまいます。

 

こんな状態になってしまい使用し続けてしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位が少なくなってしまいます。
そして容量の小さいバッテリーを使用しているような状況になり充放電がかなり激しくなってしまうことでしょう。
最終的に劣化が劣化を呼んでしまいます。
更に使用を続けるとサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

サルフェーションが発生してしまった極板化学反応を起こすことが出来なくなりそれからいくら充電をしても元に戻らなくなりますので交換をしなければいけなくなります。

 
ソファベッド
ソファベッド
http://innersofa.com/list/10022.html




コンテンツは洗車機ブログ:09月28日
最近は、
父もお母さんも外で働く、
いわゆる共稼ぎの家庭って全然珍しくありませんが…

おいらが子供の頃は、
父が外へ働きに出て、お母さんは家にいるという家庭が
多かったんですよね。
おいらの家もそういう家庭でした。

とは言っても
我が家は裕福な家庭ではありませんでしたから、
お母さんは家で一生懸命内職に励んで、
家計の足しにしていました。

このころから、
世間で「鍵っ子」と言う言葉が
よく使われるようになってきたようです。

お母さんも外へ働きに出る家庭が
増え始めてきていたんですね。

そのため、
家の鍵を持ち歩かなくてはならない
子供が多くなり始めていました。
このような子供が「鍵っ子」と呼ばれていたんです。

おいらが通っていたクラスにも、
鍵っ子が何人かいました。

今は週休二日が当たり前で、
土曜日も日曜日も学校はお休みですが…

当時土曜日は、小学校は休みではなく、
午前中だけ授業があったんですよ!

しかし、給食はありませんでした。
当然ながら鍵っ子は、
12時食をどうにかして確保しなくてはなりませんでした。

多くの鍵っ子がどのようにしてこの問題を解決していたかは、
おいらは知りません。

おいらのお母さんは、そんな鍵っ子である友達を
家に連れて来るように言いました。

おいらは、お母さんの言うとおりに、
土曜日には鍵っ子を連れて家へ帰りました。

お母さんは、
友達の分の12時食も用意してくれていました。
おいらと鍵っ子である友達は、仲良く同じ12時ごはんを食べました。

12時ごはんを食べ終えると…
おいらと友達は、
友達のお母さんが帰ってくるまで
思う存分遊べたのでした。

おいらは、そんな土曜日の午後が
たまらなく好きでした。







コンテンツは洗車機 モバイルはこちら