アトピーの改善方法を探ろう|水素風呂で体質を治す

すすぎ残しが大きな一因

背中

背中ニキビができてしまうという人や、それがなかなか治らないという人は、お風呂の入り方に気をつけてみましょう。実は、お風呂には正しい入り方や洗う順番というものがあるのです。それを知らないまま違うやり方を続けていると、シャンプーやリンス、ボディーソープのすすぎ残しで肌が荒れてしまうことがあります。背中ニキビもシャンプーのすすぎ残しが大きな原因の一つになっているのです。シャンプーは頭皮の汚れや皮脂をキレイに洗い流す役割があります。そしてその洗浄成分には残留性があるので、キレイに洗い流さないと肌に残った成分が毛穴を塞いでしまいます。毛穴が塞がれた結果、背中ニキビができてしまうのです。これを繰り返さないためには、最初に髪を洗うようにしましょう。先に髪を洗い、体を後から洗えばシャンプーやリンスのすすぎ残しがなくなります。リンスだけ後から洗い流すというのもすすぎ残しにつながるのでやめたほうがいいでしょう。最後に体を洗うようにすることが背中ニキビの改善には大切なのです。

背中ニキビの予防に大切なのが、ボディーソープを直接体に付けないということです。肌への大きな負担になるので必ず泡立ててから体につけるようにしましょう。また、ボディーソープよりも石鹸のほうが肌に優しく作られており、ニキビ対策に効果的です。専用の石鹸もあるので、それらを泡立てて優しく洗うようにしましょう。お風呂上がりには保湿をすることも大切です。保湿をして肌の調子を整えることで背中ニキビを改善させましょう。これらのことに気をつけることで背中ニキビを予防することができます。